てなぐさ

ほんの手なぐさみ。1LDKの手仕事つぶやき。(ベランダガーデニング DIY ハンドメイド)

花かんざしとハナカンザシとヒロハノハナカンザシ

とってもややこしい花たち

タイトルにした花かんざしとハナカンザシとヒロハノハナカンザシは全て違う植物です。

 

花かんざしとハナカンザシは名前から、

ハナカンザシとヒロハノハナカンザシは花姿から混同されがちな植物。

 

花かんざしは通名

ハナカンザシとヒロハノハナカンザシは和名です。

 

3つともオーストラリアが原産地で、同じローダンセ属に属しています。

 

 

ローダンセ属(Rhodanthe)

またはローダンテ属とも言います。

外国語をカタカナに直すので表記にブレが出ています。

ダイとダイのような関係。

2つに意味の違いはありません。

 

ローダンセ=ローダンテ

 

 

ローダンセ属に分類される植物は数十種類あります。

その中でよく知られる植物が先に挙げた3つの花たち。

 

ローダンセ属に分類されている植物の多くはかつて別属に分類されていました。

その名残もありまして名前がブレブレの花もあります。

 

調べてまとめました。

 

 

違いと見分け方

 

花かんざしとハナカンザシとヒロハノハナカンザシの見分け方はそう難しくありません。

ただ名前がややこしいだけ。

 

花かんざし

学名:Rhodanthe anthemoides(ローダンセ・アンテモイデス)

別名:ヘリプテラム(ヘリプテルム、へリプトラム)・アンテモイデス(Helipterum anthemoides)

 

別名ヘリプテラムはかつて分類されていた属名です。

 

白と黄色い花色で花弁は丸っこい形をしています。

花弁の尖った品種はペーパー・カスケードと呼ばれます。

葉はこんもりと茂るように伸び、

花後の切り戻しを行わない場合倒れながら広がります。

 

温室栽培の苗は12月から咲き始めるため、冬花壇にとっては貴重な存在。

 

 

ハナカンザシ

学名:Rhodanthe chlorocephala(ローダンセ・クロロセファラ)

別名:アクロクリニウム(アクロクリニューム)・ロゼウム(Acroclinium roseum)、ヘリプテラム(ヘリプテルム、へリプトラム)・ロゼウム(Helipterum roseum)

 

たくさん名前がありますが日本ではおそらくアクロクリニウムが一番使用されています。

 

アクロクリニウムとヘリプテラムはかつて分類されていた属名です。

和名よりもアクロクリニウムやヘリプテラムの名が有名ですが、かつての属名ですので旧名称と言えます。

 

花弁の色は白・ピンク・濃いピンク、花の中心は黄色・黒と色幅があります。

 

葉は細長く茎は垂直に伸び地面近くから脇芽が出てよく分岐します。

ヒロハノハナカンザシと比べて茎がしっかりしていて切り花に向きます。

 

 

ヒロハノハナカンザシ

学名:Rhodanthe manglesii(ローダンセ・マングレシー)
別名:ヒメカイザイク(姫貝細工)

 

和名よりもローダンセと呼ばれることが多いようです。

属名がそのまま通名となっています。

ヒロハノハナカンザシはローダンセ属のタイプ種(基準となる種)です。

 

花はハナカンザシとよく似ています。

花色は白とピンク。

ピンクの花は花弁の付け根が濃いピンク色のものもあります。

花の中心は黄色。

蕾が付く頃は俯いていて、花開く頃に上向きます。

 

丸い葉が特徴。

広葉のハナカンザシの名前の通りハナカンザシと比べて広めの葉っぱをしています。

茎は細く蔓のように波打ったり曲ったりしています。

 

 

あとがき

花かんざしとハナカンザシとヒロハノハナカンザシは通名や和名や旧属名などが入り乱れたり、花が似ていたりでややこしい花たちです。

 

名前が安定しない原因は園芸植物として知名度がまだまだ低いことが一因でしょうか。

ドライフラワーはよく見かけますが園芸店では花かんざし以外中々見かけません。

 

まとめ中に見つけたヒロハノハナカンザシの蕾はとってもかわいかったので是非一度育ててみたいものです。

 

 

それでは!

シルバーデージーとシンカルファ・カップブルーメンについて

現在ヘリクリサムについて調べたことをまとめています。

少し長くなりすぎたので分離独立させました。

本体はまだまだ途中段階です。

 

 

ドライフラワーの名前

 

ドライフラワーの名前は通名が多くて植物本来の名前が分かり辛いです。

 

その花が気になって一歩掘り下げてみたくなったとき、正式名称が分からないと調べることもままなりません。

 

例えば花言葉を調べたり、花の季節を調べたり、原産地を調べたり、育て方を見てみたり。

名前ってほんとうに大事です。

 

と言うわけでドライフラワー通名と姿形から正体を探っていきます。

 

今回はシルバーデージーとシンカルファ・カップブルーメン。

 

 

シルバーデージーとシンカルファ・パニクラタ・カップブルーメン

シルバーデージー(Silver daisy)はシルバーデイジーとも。

シンカルファ・パニクラタ・カップブルーメン(Syncarpha paniculata 'Cupbluemen' )はシンカルファ・カップブルーメンとも言います。

 

シルバーデージーとシンカルファ・パニクラタ・カップブルーメン。

まずこの2つ、見分けが付きません。

原産地は調べて見る限りどちらとも南アフリカ

見分けがつかないのでここでは乱暴ですが同じ植物として扱います

 

そしてこの2つはおそらくキク科ハハコグサ連シンカルファ属のシンカルファ・ヴェスティタではないかと見ています。

 

結論を先に書きましたが、シンカルファ・ヴェスティタじゃないかと思うに至った理由を順に追っていきます。

 

 

シンカルファ・パニクラタ・カップブルーメン(Syncarpha paniculata 'Cupbluemen' )

 

ここでは先に書いたとおりシルバーデージーとシンカルファ・パニクラタ・カップブルーメンは同じ植物として扱います。

 

Syncarpha paniculata 'Cupbluemen'はシンカルファ属のパニクラタ種の品種'カップブルーメン'という意味です。

 

しかし名前の通りこの品種で間違いない! とはいきませんでした。

 

まずカップブルーメンという品種について調べるとドライフラワーの花材以外に名前の記載が見つかりません。

品種の紹介、目録への記載などが見当たらない。

 

また、シンカルファ属のパニクラタ種は存在しますがカップブルーメンと比べると花弁(苞)の形や葉の付き方や葉の形が異なります。花の大きさや分岐する性質も異なるように思います。

 

そして、シンカルファ属の植物は南アフリカの灌木植生地域の固有種。

まだまだ園芸植物として一般的ではないようです。

園芸種(品種)もこれから作られていく段階ではないでしょうか。

 

このことからシンカルファ属のパニクラタ種の品種'カップブルーメン'という植物は存在せず、正式名称っぽい通名ではないかと思われるのです。

 

 

近縁種

 

名前から手がかりが得られず困ったことになりました。

ここは地道に探すしかありません。

 

幸いなことにシンカルファ属は新種を合わせても約30種。

画像の見つからない種もありましたが近い花を探しました。

 

そして最有力候補となったのがシンカルファ・ヴェスティタです。

 

シンカルファ・ヴェスティタ(Syncarpha vestita)

別名:妖精花、ケープ・スノー(Cape snow)、シルバー・エバーラスティング(Silver everlasting)、ヘリクリサム・ベスティタ厶(Helichrysum vestitum)、キセランセマム・ベスティタ厶(Xeranthemum vestitum)

 

別名のヘリクリサムとキセランセマムは旧名です。

シンカルファ以前に分類されていたヘリクリサム属とキセランセマム属の名残ですね。

 

蕾は円錐形。

花(正しくは花弁ではなく総苞片)は白。

花の中心部は赤と白です。

日本人感覚からするとなんともおめでたい色ですね。

シルバーリーフと相まって神秘的な姿をしています。

日本語で妖精花と呼ばれるのも納得です。

 

カップブルーメンと見比べたところ、花弁(苞)の繊細さ、葉の付き方と形は一致。

花の中央がヴェスティタは赤の輪の中に白で、カップブルーメンは白のみです。

 

花の中央が真っ白かどうかが鍵。

 

この差異は花の咲き具合によるものではないかと見ています。

 

ヴェスティタのカサカサした白い花弁は正しくは総苞片と言って花ではありません。

ヴェスティタの本当の花は細かな支柱のような赤い部分のことを指すのだそうです。

 

真っ白なベスティタは花弁のような総苞片が開いたあと赤い花が咲く以前の状態ではないか。

赤い花が咲く前に収穫すると花の中央が白いヴェスティタとなり、ドライフラワーカップブルーメンが出来上がるのではないかと思うのです。

 

(または単純に漂白した場合も白くなります)

 

 

あとがき

 

シルバーデージーとシンカルファ・カップブルーメンについて

最もらしい花がシンカルファ・ヴェスティタでした。

 

ただしあくまで推察です。

絶対に間違いないとは言えません。

別の花のお心当たりがあればよかったら教えてください。

 

 

良い名前は好印象に繋がります。

ただ、花好きとしては正式な名前もちゃんと知っておきたい。

 

花材を活用するにも季節感やアレンジに用立て安くなるんじゃないかな。

花材を使ったハンドメイドをしている人の意見も聞いてみたいですね。

 

 

それでは

ここまでお付き合い下さりありがとうございました。

 

2018年 ドライフラワーミックスの育成記録

種選び

 

2018年早春にベランダでガーデニングをはじめまして、

何の植物を育てるか困ってしまいました。

 

あれこれ目移りしながらも、

育てて楽しむだけではなく収穫できる植物で2度楽しみたいと方針決定。

 

そんな中購入したドライフラワーミックスの種の記録です。

 

 

ドライフラワーミックスの種

 

種は国華園さんで購入しました。

 

ひと袋でたくさんの種類が育っていいなあと思っていたんですが

実際に育ててみた感想は「ミックス種は難しい」です。

 

感じた利点

  • 色々な種類の植物を楽しめる
  • 何が咲くかわからない楽しみ

 

感じた難点

  • 発芽する条件が様々(気温、覆土)
  • 移植に適さない種類がある(直根性)
  • まき時によっては開花まで2年かかる

 

ばらまきしてそのまま芽が出たもの育てるならミックス種はおすすめです。

育たず消えるのもご愛嬌。

 

長い期間栽培して途中で失敗するのが痛手と感じる私には不向きでした。トホホ。

 

 

育苗方法

 

種を形で選別

セルトレイ代わりの卵パック又は箱まき(用土はバーミキュライト

ポリポットへ植え替える(用土は草花用土)

 

春と秋2回に分けて播きました。

 

 

種の形

 

育て方はもちろん発芽条件もわからないと気づいてあれこれ考えた結果、種を形で分けてまくことにしました。

 

種類を分けておけば発芽しないとき別の方法を試せます。

 

とりあえず種に仮名を付けておきます。


f:id:tenagusa:20181125230024j:imagef:id:tenagusa:20181125215329j:image

 

分けた種はポチ袋に入れて仮名を書いて冷蔵庫へ。

 

 

種のセット内容

 

私と同じようにミックス種に四苦八苦したり

ミックス種のセット内容が気になる方のヒントになればと載せておきます。

 

咲くまでネタバレNGの方はブラウザバックをおすすめします。

 

また、先に書いた通り種は国華園さんから購入しましてますが、

購入元が同じでもセット内容が変わる可能性があるので注意です。

 

 

確定

 

種の仮名「黒丸」

f:id:tenagusa:20181129023543j:imagef:id:tenagusa:20181125212128j:image

→アマランサス(緑、赤)

ケイトウと同じヒユ科の植物です。

6月に種をまいて8月には開花しました。

とっても強健。直根性。

 

 

種の仮名「黒ゴマ」
f:id:tenagusa:20181125212729j:imagef:id:tenagusa:20181125213414j:image

→ニゲラ(ブルー)

春まきは植え替えをサボってヒョロヒョロになったものの秋頃開花。

こちらも強健です。

種子は嫌光性種子。

植え替え嫌いの直根性でもあります。

花後の種のサヤをドライフラワーにします。

 

 

推定

 

種の仮名「長ダイヤ」

f:id:tenagusa:20181125213800j:imagef:id:tenagusa:20181125213819j:image

スターチス

春にまいた種は1年では咲かず開花は2年目になりそうです。

葉はロゼット状に広がります。

 

 

種の仮名「棒」

f:id:tenagusa:20181125214401j:image

→ヘリクリサム 貝細工、アンモビューム

画像は推定アンモビューム。

こちらも春まきで開花は2年目になりそう。

 

 

種の仮名「三角形」
f:id:tenagusa:20181125220013j:image

→キセランセマム

秋まき育苗中です。

 

 

種の仮名「塵」

f:id:tenagusa:20181128100642j:image

→ローナス

葉っぱはキク科のような切り込みが見られます。

水切れに弱く春まきは全滅。

秋まきで再チャレンジ中。

 

 

種の仮名 -(混ざってしまい不明)f:id:tenagusa:20181227095414j:image

→アクロクリニューム

幼苗のときは一緒にまいた花かんざしかと思ってました。

へリプトラムとも。

 

 

調査中

 

種の仮名「バロック

f:id:tenagusa:20181125220958j:image

葉はニゲラそっくり。

春まきでは発芽せず。

秋まきは暗闇で管理。

1週間後、同じ条件のニゲラが発芽した一方でこちらは発芽せず。

以降は光に当ててみましたがそれでも駄目。

ところが種まき1ヶ月後雨よけのため暗闇に置くと3つ発芽しました。

更に11月半ばに追加で播いて2週間で発芽を確認。

やっぱり嫌光性種子のようです。

 

種の仮名なし

f:id:tenagusa:20181125223114j:image

種が混ざってわからなくなったもの。

f:id:tenagusa:20181125223135j:image

分類できなかった種。

 

 

 

失敗

種がなくなり種類を特定できませんでした。

いずれも種の量が少なかった種類。

 

種の仮名「黒平」

春まき。

ニゲラのような葉で黄色い花。

咲いたもののヒョロヒョロすぎて判別できませんでした。

候補はニゲラ・オリエンタリスです。

 

種の仮名「白」

春まき。

水切れで全滅。

 

種の仮名「?」

発芽せず。

 

種の仮名「カンザシ」

種が混ざって判別できなくなってしまいました。

成長して種が採れれば判明する可能性あり。

 

 

(のんびり更新予定)

2018年 ビオラ『ミルフル』育成記録

2018年11月28日 更新

 

フリルビオラ

サントリーフラワーズさんのビオラ、ミルフル。

フリルが入ったビオラでおそらく一番入手しやすい品種です。

 

f:id:tenagusa:20181119115835j:image

サントリーフラワーズ公式の紹介ページより)

 

ミルフルは色別に5種類のシリーズで販売されています。

 

画像の通り、

同じシリーズの中でも色幅があって

フリルのかかり具合も様々。

 

個性豊かなミルフルにやられたのか

当初買うつもりがなかったのに気がつけば4株も持っていました。

オカシイ。

 

 

他品種と比べてみた

 

きゅっと締まったビオラの苗と比べると、ミルフルは背が高めな印象です。

 

他所様のブログを拝見したり

後から売り場に並んだ苗を確認したところ

適期に種まきしたミルフルは背丈が低くなるみたいです。

 

それからこれは今年の秋が暖かかった影響かもしれないのですが

結構病気が発生していました。

 

 

同品種と比べてみた

 

ミルフル同士を比べてみます。


f:id:tenagusa:20181119120754j:image

2018年10月27日

 

最初に購入したひと株。

 

売り場に並んだ当日の購入でも

灰色カビ病っぽいのが発生しています。

他の苗も似たり寄ったり。

 

病気は気になるものの

下から新芽がしっかり出ていて元気そうです。



f:id:tenagusa:20181119161941j:image
2018年11月10日

 

あとから購入した3株。

おつとめ品になっていました。

増えた原因は間違いなくコレ。

 

3株とも下葉が溶けて、灰色カビ病や黒カビ病っぽいのが発生していました。

結構ひどい状態。

枯れ覚悟で連れ帰ってきました。

 

 

購入後すぐに行ったこと

 

ちょっと不健康だったので養生させるつもりで苗を整えていきます。

 

まずは葉の整理と花がら摘み。

終わった花茎、病気の葉、枯れかけの葉を除きます。

 

あとは蕾と花を摘み取ります。

花を咲かせることに手一杯になると株が充実しないそうです。

新芽を出す方にエネルギーを使わせるように仕向けます。

 

私は咲きかけてるのが惜しくて開きそうな花は温存しちゃいました。

咲いた花から摘み取って部屋に生けときます。

 

 

養生中の管理1

 

できるだけ早く植え替えてやります。

 

とは言うものの、

夏からの花が居残っていてあれもこれも植え替え待ちの状態。

やむを得ずポリポットで管理。

 

注意したのは水やりです。

必ず土が乾いてからやります。

 

今回の病気の発生原因は多分、

水のやりすぎと風通しの悪さのせい。

 

 

養生中の管理2

 

ひと株目は新芽との高低差が激しくバランスがあまり良くありません。

きゅっと締まった苗にするため切り戻します。

f:id:tenagusa:20181119155447j:image

2018年11月19日

 

切り戻し後。

多少長いところを残しつつ様子を見て整えていきます。

 

おつとめ株も切り戻し。


f:id:tenagusa:20181119155836j:imagef:id:tenagusa:20181119155842j:image

2018年11月19日

 

スカスカしてます。

弱っている状態でバッサリ切ると枯らしてしまいそうで、

新芽と脇芽の様子見しながらゆっくり切り戻す予定。


f:id:tenagusa:20181119155908j:image

2018年11月19日


最後に一番状態が悪くてほとんど切り戻せなかった株。

 

脇芽、新芽が全くない!

 

地際の芽が出たあと枯れてしまったんでしょうか。

そうするときれいな状態に戻すのは困難です。

 

仕方がないので芽の先頭をカッターで切り落しました。

これで上に伸びず蕾もつけられません。

どこかから脇芽が出てくれることを期待しましょう。

 

 

1と2は1週間くらい間があり

様子見したり改めて育て方を調べたりしていました。

 

様子見の結果、病気が広がってきたため薬剤をスプレー。

ちょっと薬を使う判断が遅かったかもしれません。

 

 

保険をかける


f:id:tenagusa:20181119162808j:image

2018年11月12日

 

最終手段の挿し芽をして保険をかけます。

万が一枯れてしまっても大丈夫な構え。

 

ビオラを挿し芽するのは初めてです。

 

挿し芽から大株へと成長した姿は調べてみても分かりませんでした。

挿し芽の成長記録も付けていきます。

 

 

養生中の管理3


f:id:tenagusa:20181128085355j:imagef:id:tenagusa:20181128085411j:image
f:id:tenagusa:20181128085435j:image
2018年11月27日

 

3号から4号ポットへ鉢増ししました。

片手で持つのが大変になってきた。

 

根を確認したところ

ひとつは白い根がたくさんあり良好

ひとつは白い根があり回復の兆しあり

ひとつは白い根が見られず

でした。

 

葉がクタッとするくらい乾かして植え替え、

給水後すぐシャキっとしていたからまだ元気そうです。

 

6号鉢に植えた苗は元気なものの病気がじわじわ広がってきました。

薬剤散布で経過観察。

 

 

(随時更新予定)