てなぐさ

ほんの手なぐさみ。1LDKの手仕事つぶやき。(ベランダガーデニング DIY ハンドメイド)

2018年2月下旬 アジアンタムと花かんざし

▼ 花の苗と葉っぱの苗

 

ベランダガーデニングへ遂に苗がやってきました!

 

収穫できそうな植物をあれこれ調べてようやく2つ苗を購入。

 

 

アジアンタム(Adiantum)

f:id:tenagusa:20180914203208j:image

(2018年2月23日撮影)

 

品種はおそらくホウライシダ。

 

鮮やかなグリーンが美しい日陰や室内でも育つ植物です。

葉っぱがカラカラになるとその葉はもとに戻りませんが、切り戻してあげると次々新しい芽が根本から出てきます。

 

決め手は管理が簡単なことと次々と葉っぱが出る成長速度。

 

シダなので花は咲きませんが代わりに葉っぱには押し花になってもらいます。

 

苗はホームセンターで取り寄せてもらいました。

 

 

▼花かんざし(Rhodanthe anthemoides)

f:id:tenagusa:20180915013640j:image

(2018年2月23日撮影)

 

抜けるようなオフホワイト真ん丸花姿がかわいい花かんざし。

花はカサカサしていて自然のドライフラワーのようです。

 

カサカサした花は千日紅や貝細工、キセランセマム、スターチスとありますが、どれも5月以降に咲く夏の花なイメージ。

 

花の少ない早春から咲いてくれる花かんざしは貴重です。

 

アジアンタムを引き取りに行ったときに見つけて思わず衝動買いしてしまいました。

 

 

それぞれの成長過程は別の記事で改めてまとめる予定です!