てなぐさ

ほんの手なぐさみ。1LDKの手仕事つぶやき。(ベランダガーデニング DIY ハンドメイド)

2018年 ビオラ成長記録01 種まきからポット上げまで

ビオラを今シーズンも植えます!


f:id:tenagusa:20180922072851j:image

今春は買ってきたビオラの苗を植えました。

ビオラって本当によく咲くと感心してしまうくらい沢山の花を見せてくれました。

流石ビオラ

 

その苗らを交配して採った種があるので

今度は種まきから挑戦していきたいと思います。

 

どんな花が咲くかな?

 

 

種まきと温度管理


2018年9月2日

種まきしました。


f:id:tenagusa:20180922062112j:image

透明なパックに箱まきします。

底面はドライバーで穴開け。

食品トレーを下に置いて底面給水もできます。

用土はバーミキュライトを使用。

 

種の種類が多いためどこに何をまいたかわかるようにしました。

f:id:tenagusa:20180922064126j:image

アルファベット:交配親の名前

数字:まいた数

 

ビオラの発芽適温は20度前後。

まだまだ残暑が厳しい時期でしたので適宜保冷剤を入れて冷やします。

特に日中は溶けやすく何度か交換が必要でした。

 

まいた種はクーラーボックスやスチロール箱に入れるのが望ましいです。

私は手元になかったのでフタが閉まるプラスチック箱を使用。

 

 

発根しました


f:id:tenagusa:20180922065746j:image

2018年9月5日(種まきから3日)

3日目で早くも発根を確認。

 

 

卵パックへ移植


f:id:tenagusa:20180922065928j:image

発根したものから順次移植していきます。

セルトレイの代わりに卵パックを使用。

交配親と植え替え日を書いたラベルを側面に貼り付けます。

ここが水に濡れないベストポジション!

 

卵パックは上下を切り分けて底側に穴あけ。

蓋側は穴を開けずに重ねて受け皿にしてます。

受け皿を作ることでこちらも底面給水ができます。

 

セルトレイは検討したものの卵パックにもメリットがあるので保留中。

卵パックで細かく管理できる方が狭いスペースでは都合が良いのです。


f:id:tenagusa:20180922070655j:image

用土は草花用土9割に上に1割バーミキュラを重ねました。

春にバーミキュライトだけで色んな種をまいたとき、それほど成長しなかったため変更です。

 

本当は本葉が出るまで無菌無栄養が望ましいと思います。

植え替えがめんどうでこんなスタイルに。

 

 

発芽


f:id:tenagusa:20180922071553j:image

2018年9月8日(種まきから7日)

ちっちゃな双葉ちゃん!

1番手です。

 

 

発芽状況


f:id:tenagusa:20180922071837j:image f:id:tenagusa:20180922071822j:image

2018年9月14日(種まきから13日)

双葉が出てきてます。

しかし発芽率がよくありません。

移植時に傷つけてしまったのか、暑さにやられたか。

 

徒長が怖くて発根したものをすぐ移植していましたが、徒長覚悟で発芽までまき床で育成したほうが良さそうです。

 

在庫がある種はまき直ししました。

 

 

最後の発芽組


f:id:tenagusa:20180922073447j:image

2018年9月19日(種まきから18日)

やっと芽が出た種類!

発芽まで1週間組と2週間組に別れました。

2日種まき分の発芽はおそらくこれが最後です。

 

 

発根率と発芽率の結果発表

 

(近日更新)