てなぐさ

ほんの手なぐさみ。1LDKの手仕事つぶやき。(ベランダガーデニング DIY ハンドメイド)

2018年 ドライフラワーミックスの育成記録

種選び

 

2018年早春にベランダでガーデニングをはじめまして、

何の植物を育てるか困ってしまいました。

 

あれこれ目移りしながらも、

育てて楽しむだけではなく収穫できる植物で2度楽しみたいと方針決定。

 

そんな中購入したドライフラワーミックスの種の記録です。

 

 

ドライフラワーミックスの種

 

種は国華園さんで購入しました。

 

ひと袋でたくさんの種類が育っていいなあと思っていたんですが

実際に育ててみた感想は「ミックス種は難しい」です。

 

感じた利点

  • 色々な種類の植物を楽しめる
  • 何が咲くかわからない楽しみ

 

感じた難点

  • 発芽する条件が様々(気温、覆土)
  • 移植に適さない種類がある(直根性)
  • まき時によっては開花まで2年かかる

 

ばらまきしてそのまま芽が出たもの育てるならミックス種はおすすめです。

育たず消えるのもご愛嬌。

 

長い期間栽培して途中で失敗するのが痛手と感じる私には不向きでした。トホホ。

 

 

育苗方法

 

種を形で選別

セルトレイ代わりの卵パック又は箱まき(用土はバーミキュライト

ポリポットへ植え替える(用土は草花用土)

 

春と秋2回に分けて播きました。

 

 

種の形

 

育て方はもちろん発芽条件もわからないと気づいてあれこれ考えた結果、種を形で分けてまくことにしました。

 

種類を分けておけば発芽しないとき別の方法を試せます。

 

とりあえず種に仮名を付けておきます。


f:id:tenagusa:20181125230024j:imagef:id:tenagusa:20181125215329j:image

 

分けた種はポチ袋に入れて仮名を書いて冷蔵庫へ。

 

 

種のセット内容

 

私と同じようにミックス種に四苦八苦したり

ミックス種のセット内容が気になる方のヒントになればと載せておきます。

 

咲くまでネタバレNGの方はブラウザバックをおすすめします。

 

また、先に書いた通り種は国華園さんから購入しましてますが、

購入元が同じでもセット内容が変わる可能性があるので注意です。

 

 

確定

 

種の仮名「黒丸」

f:id:tenagusa:20181129023543j:imagef:id:tenagusa:20181125212128j:image

→アマランサス(緑、赤)

ケイトウと同じヒユ科の植物です。

6月に種をまいて8月には開花しました。

とっても強健。直根性。

 

 

種の仮名「黒ゴマ」
f:id:tenagusa:20181125212729j:imagef:id:tenagusa:20181125213414j:image

→ニゲラ(ブルー)

春まきは植え替えをサボってヒョロヒョロになったものの秋頃開花。

こちらも強健です。

種子は嫌光性種子。

植え替え嫌いの直根性でもあります。

花後の種のサヤをドライフラワーにします。

 

 

推定

 

種の仮名「長ダイヤ」

f:id:tenagusa:20181125213800j:imagef:id:tenagusa:20181125213819j:image

スターチス

春にまいた種は1年では咲かず開花は2年目になりそうです。

葉はロゼット状に広がります。

 

 

種の仮名「棒」

f:id:tenagusa:20181125214401j:image

→ヘリクリサム 貝細工、アンモビューム

画像は推定アンモビューム。

こちらも春まきで開花は2年目になりそう。

 

 

種の仮名「三角形」
f:id:tenagusa:20181125220013j:image

→キセランセマム

秋まき育苗中です。

 

 

種の仮名「塵」

f:id:tenagusa:20181128100642j:image

→ローナス

葉っぱはキク科のような切り込みが見られます。

水切れに弱く春まきは全滅。

秋まきで再チャレンジ中。

 

 

調査中

 

種の仮名「バロック

f:id:tenagusa:20181125220958j:image

葉はニゲラそっくり。

春まきでは発芽せず。

秋まきは暗闇で管理。

1週間後、同じ条件のニゲラが発芽した一方でこちらは発芽せず。

以降は光に当ててみましたがそれでも駄目。

ところが種まき1ヶ月後雨よけのため暗闇に置くと3つ発芽しました。

更に11月半ばに追加で播いて2週間で発芽を確認。

やっぱり嫌光性種子のようです。

 

種の仮名なし

f:id:tenagusa:20181125223053j:imagef:id:tenagusa:20181125223114j:image

種が混ざってわからなくなったもの。

f:id:tenagusa:20181125223135j:image

分類できなかった種。

 

 

 

失敗

種がなくなり種類を特定できませんでした。

いずれも種の量が少なかった種類。

 

種の仮名「黒平」

春まき。

ニゲラのような葉で黄色い花。

咲いたもののヒョロヒョロすぎて判別できませんでした。

候補はニゲラ・オリエンタリスです。

 

種の仮名「白」

春まき。

水切れで全滅。

 

種の仮名「?」

発芽せず。

 

種の仮名「カンザシ」

種が混ざって判別できなくなってしまいました。

成長して種が採れれば判明する可能性あり。

 

 

(のんびり更新予定)